台湾 お土産 お菓子

台湾の お土産は、お菓子なら パイナップルケーキが おすすめ!

18個入りよりも10個入りの方が単価が安いから、10個入りを買ったよ。
高校1年の息子が言う。

 

台湾のお土産、と言えば、代表は3つ。
即ち、
高山ウーロン茶、
からすみ(世界三大珍味の一つ)、
そしてパイナップルケーキだとか。

 

冒頭のお話は、そのパイナップルケーキでのお話。

台湾の お土産は、お茶なら高山茶が おすすめ!

パイナップルケーキなんて言っても、パイナップルを使っていない偽物も多いとのことである。
ルックJTBの現地ガイドが絶対に偽物なんか売っていない店と折り紙付きで紹介した店ではあるが、
いわゆる大量購入単価ダウンとはいかないようだ。

 

ちなみに、暇にまかせて、書き留めたメモでは、
6個入り、260元⇒単価43.3元
10個入り、420元⇒単価42.0元
18個入り、780元⇒単価43.3元
と、うちの息子、しっかりコスト計算ができているようだ。
ちなみに、1元(台湾ドル)を約4倍して、日本円に換算していた。

 

台湾 お土産 お菓子

 

高山茶というのは、150g1580元と高額だから、
道中のレストランで振る舞われていない、多分。

 

他に、黒烏龍茶などもあったが、
まあ、パイナップルケーキを頂きながら、飲むお茶としてはどれも悪くない。
日本では売っていないものも多いそうだ。

 

からすみは、現地の食事の前菜などで何度か出てきた、酒のつまみに最適の珍味である。1
00g程度が1400元とこれも安くはない。
他には、ハスの実、干し椎茸、干しトマトなどお菓子も色々あった。

 

また、道中食べたグルメ料理は、最初の牛肉麺以外は、
小籠包や北京ダックなど皆に好評であった。

台湾の観光

大阪の関空から台湾の北に位置する台北まで1703km、約2時間6分の旅である。

 

初日の大晦日、台北を簡単に観光して、プロペラ機で東部の花連(ホアリェン)で泊まる。

 

翌日、元旦、タロコ渓谷で広大な自然のパノラマを楽しむ。
ジェット機で台湾最南端で2番目の都市、高雄(カオション)に飛び、
道教の由緒あるお寺、五甲龍成宮、寿山公園、蛇料理などもある夜市も散策して一泊。

 

翌日50km北の古都、台南にバスで移動し、
台湾の創始者とも言われる長崎平戸出身の日本人女性を母に持つ鄭成功が
オランダ軍を降伏させた赤かん楼や孔子廟を見学した後、
日本から輸入したという台湾新幹線(高速鉄道)で台北に戻り、一泊。

 

そして、最終日、故宮博物館などを見学するという三泊四日の忙しい旅であった。

 

omiyage

 

台湾へ行くのは2度目だ。
大学4年生の長男にいつ行ったの?と訊かれて、お前が生まれるよりも前と答えた。
前回は、食事費用はレストランもちでガイドさんも我々と一緒に食事をして、
色々と話をしてくれたのを覚えている。

 

台湾と韓国との比較を訊かれたことが印象に残っている。
当時は中国はまだ未開の地、先進国ニッボンを追いかける台湾と韓国、どっちが進んでいると思いますか?という質問。
既に、台湾、韓国共に、低賃金の魅力も市場としても魅力もなく、
日本企業の進出の関心は、中国大陸であった。
イメージ的には、台湾の方が一歩リードいった感じではなかったかな、とは思うが。。。

 

 

 

だが、今、考えるに、日本、台湾、韓国、中国のバランスは、大きく変わったなと思わざるを得ない。
今や、中国は日本を抜いて、世界第2の経済大国ということになっているし、
韓国のサムソンは、最先端技術のツール、スマホで世界最大のシェアを持つ。

 

日本は、失われた10年とか20年とか言われているうちに、
人口は減少し始め、少子高齢化と医療費など社会保障費の高騰、地方は衰退。
東京がブラックホールのように若い人をドンドン飲み込むくせに出生率は低く、この傾向は変わりそうにない。
アベノミクスにわずかな望みを託さざるを得ないといった感じだ。

 

 

ただ、視点を東アジアに持ってくると、世界第2位と3位の経済大国があり、
アメリカや欧州に引けを取らない先進地域ということであろう。
ちなみに、前回のガイドさんは、台湾で生まれ育ち、高校は韓国のプサン、
大学は立教大学出身ということだった。
グローバル的な発想で、日本が遅れているのは確かだと思う。

 

 

 

今回のガイドさんが、随所で強調してた韓国との違いは、歴史的建造物に対する対応だ。
韓国では日本時代に建てられた建造物を徹底して壊す。
恥ずかしいからだそうだ。

 

一方、台湾ではそのようなことはせず、きっちりと残す。
ただ、ちょっと手を入れて中華民国の国旗のデザインを追加するなど改修する。
歴史と実利を優先する、こんな国に幸あれと思う。

 

 

こちらが、⇒海外おみやげ

ところで、
お土産の通販サイトで、おみやげランキングの比較を
してみませんか?

コチラ↓でお土産ランキングがチェックできます。
両社とも5千円以上で送料無料
翌日配送↓15時までのご注文で。

日本にはない品揃え↑旅行用品もあり
海外おみやげ 激安
↑注文されなくとも、お土産を旅行前にご確認できます。



●スマホの手配はOKですか? ←地図ソフト、電話、メールと便利!
海外専用の格安端末・プリペイド購入⇒出発前の操作確認OKは、コチラ↓

海外旅行用SIMカード購入 ←↑既に、世界で350万人がご使用中
・レンタル携帯より安い、返却、予約不要
・国際ローミングより、通話・データが安い、盗難時の危険性小、高額請求被害なし
・レンタルWIFIよりも、スマホ割安、返却・保険費用なし、セキュリティしっかり



●オプショナルツアーの手配はお済ですか?
日本で手続きしておくと、簡単でお得!
現地での貴重な時間のロスがないのは、コチラ↓
海外現地オプショナルツアーなら【Alan1.net / VELTRA】
↑見るだけで、現地調査ができる!